このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません
*
キララ九条の歴史

「キララ商店街 キラキラプロジェクト」ホームページでは、キララ九条商店街にまつわる歴史を公開してまいります。
古いものも新しいものも、すべてを受け入れる懐の深いキララ九条商店街をぜひ発見してください。

第二回 約100年前の九条

こんにちは、キララ九条3町商店街です。
今回は、およそ100年前の九条についてご紹介いたします。

 

【日本初の公営による路面電車】
明治36年(1903年)7月に日本で初めて大阪市が建設・運営する港として大阪港が開港したのを機に、日本初の公営による路面電車(大阪市電)が大阪市が花園橋(現在の九条新道交差点)~築港浅橋(現在の大阪港/天保山)に建設されました。

全4区間(距離にして5.1km)で運賃は僅か1区間1銭※で当時は交通手段としての利用よりも遊覧目的として利用される事が多く、築港まで人家のまばらな埋立地や葦原(アシハラ:アシという草が生い茂っている場所)というお世辞にも美しい風景とはいえない中を走っていましたが、珍しさのあまり各地から見物人が花園橋にやってきたそうです。

※1銭は現在の200円相当。当時の瓶ビールが19銭というからビックリ

 

【九条にあった5つ小学校】
日清戦争・日露戦争の影響で安治川付近に多くの造船所や工場が増え、九条に移り住む人口が急激に増加しました。
それに伴い、明治8年~明治35年までは九条地域に学校は九条第一小学校(現在の九条東小学校)の1校しかなかったのですが、明治35年に九条第二小学校(現在の九条南小学校)、明治39年に九条第三小学校(昭和20年3月18日に戦災にあい、終戦後廃校)、明治45年に九条第四小学校(現在は廃校)、大正8年に九条第五小学校(現在の九条北小学校)と僅か10数年の間に4校もの小学校が次々と建てられ、当時の九条がどれだけ賑わっていただかが感じられます。

 

[参考]
・書籍:九条のすがた/発行:大阪市立西中学校
・Wikipedia(大阪市電)


お店からの伝言板

キララ九条商店街の歴史

Twitter。つぶやいてます!

九条新道3丁目振興組合公式フェイスブックページ

空き店舗情報

広告募集中!

3町掲示板